ミニクルーザーのトリック

ミニクルーザーでのポンピングのやり方とコツ

ポンピングとは?

ポンピングとはスケボーの基本トリックの一つで、体重を左右にかけるように進みながら加速していくことを言います。
スケボーは重心をずらしてデッキを傾けることで曲がることができますが、そのようなカーブを曲がるときの動きを左右に連続したのがポンピングの仕組みです。慣れれば簡単ですが、最初は効果的な力の伝えかたや重心の移動などの感覚を身につける必要があります。

1. まずは少しプッシュしてからはじめよう

ポンピングの動きが体に染みこんでいないうちは、プッシュして少し加速してからはじめると良いでしょう。慣れれば止まった状態から加速していくことができますが、最初からそれをやるのは難しいです。

2. ノーズを上げるのではなく踏み込む

チックタックがテールキックを踏んでノーズを浮かすのと異なり、ポンピングの場合はデッキを浮かしません。
後ろの足は添えてあるだけで基本的に重心は前足にかかり、その重心を左右にかけるようにします。

3. 力の伝え方と伝わりきった点を掴む

ポンピングは体重を前足にかけることで加速していくのですが、力をデッキに伝え、伝わりきったと思う瞬間に重心を逆側にかけます。ブランコに乗った時に最高地点に達した時、体重をかけるようにすることで加速するのに似ていて、重心を移動させて左右どちらかに振った反動をそのまま逆側に伝えるという動作を繰り返します。

4. 上半身をうまく使う

ポンピングでうまくエネルギーを生み出すには上半身の動きが重要になります。
遠心力を活かして8の字を描き続け、瞬間的な動きではなく連続的な動きになるようにするのがコツです。

参考動画

外国の方のポンピングの動画がわかりやすいので紹介します。
かなり大げさな動きで若干気持ち悪いですが、体の動きがわかりやすいので参考になると思います。

まとめ

ポンピングがうまくできるようになると、平坦な場所ではデッキから降りることがなくなります。
プッシュと組み合わせることで移動の際、楽なのはもちろんのこと、ミニクルーザーに乗る楽しみが増えることでしょう。

ポンピングと合わせてプッシュと止まり方は必ずマスターしたいところです。
また、ポンピングはブッシュが硬いと思うようにいきません。
硬くてうまく曲がれないという時はミニクルーザーのブッシュを交換するで紹介しているように、ブッシュを交換するかキングピンナットを緩めてみるとよいでしょう。

-ミニクルーザーのトリック