ミニクルーザーのブランド比較

Penny (ペニー)

プラスチック製のミニクルーザー人気の火付け役となったペニーです。
定番モデルの22インチ、ニッケルと呼ばれる27インチ、ロングボードの36インチの3種類があり、色彩やグラフィックなどの選択肢が多いです。デッキは柔らかめです。
ミニクルーザー ペニー(penny)

Banana Board (バナナボード)

スケボー界を長いこと牽引してきたプロスケーターであるランス・マウンテンがプロデュースしたミニクルーザー。しっかりとした作りが玄人にも評価が高い本格派ミニクルーザーです。デッキは固めです。
ミニクルーザー バナナボード (BananaBoard)

Stereo (ステレオ)

独創性のあるスケートボードブランドであり、ミニクルーザーにはデッキ部のパターンがレコードの盤面のようになっていたり、サングラスが付いているなど遊び心もある。柔らかめで軽く、小回りの効くミニクルーザーは女子にもオススメ。
ミニクルーザー ステレオ(stereo)

Globe (グローブ)

スケボーだけでなく、サーフィンなど横乗り系のブランド。ウッドデッキの製品も多く出していてサイズやデザインなどの選択肢が多いのが魅力。
globe

Uniful (ユニフル)

日本人プロスケーターの岡田晋が大矢尚孝と立ち上げた日本発のスケートブランド。
本格的でありながらコルクデッキやボード裏に栓抜きを仕込んでいたりと遊び心の満載の注目ブランド。

2019/10/02