ミニクルーザーの種類と比較

ミニクルーザーをAmazonで購入する時に気をつけてほしいこと

家の近くにスポーツショップがなかったりした場合、真っ先に候補にあがるECサイトの一つがAmazonだと思いますが、Amazonでミニクルーザーを買う際にはいくつか気をつけて欲しい点がありますので、その辺についてまとめてみました。

マーケットプレイスはなるべく利用しない

手頃な価格で中古品が手に入ったり、在庫切れの商品を手に入れるために便利なマーケットプレイスですが、当サイトではマーケットプレイスにおいてミニクルーザーの購入することをおすすめしません。
残念なことですが、マーケットプレイスへ参入するにあたり審査などはそれほど厳しくなく、買い占めて利益を出している転売業者や、偽物を販売する外国人業者などがすくなくありません。ミニクルーザーではありませんが、私も偽物を掴まされたたことがあります。その時は、すぐに気づいたので証拠などをまとめてAmazonにクレームして無事に返金されましたが、再び購入し正規品を手に入れるまでの時間や、返金までの手続きに費やした時間や手間を考えると全くもって無駄な労力だったとしか思えません。

Amazonのマーケットプレイスは書籍やCD,DVDなど以外のものでの利用はあまりおすすめしません。

どうしてもマーケットプレイスを利用したい場合

マーケットプレイスのリスクはわかった上で、どうしてもマーケットプレイスでしか販売してないものが欲しいというケースはあると思います。
その時はどんなことに気をつければよいでしょうか。

販売者を確認する

マーケットプレイスには会社としてそれなりの規模でビジネスに取り組んでいるところから、個人が家の倉庫でやっているレベルまで様々な販売者が入り混じっています。そんな販売者を見極めるには、販売者の取り扱っている製品の数や種類をチェックすることである程度傾向が掴めます。
例えばミニクルーザーを販売している業者が他に、スケボーやスポーツ関連商品だけを扱っていれば、それらの商品に対して一定の知識や理解がある可能性は高いですし、商品の保管状態や輸送状態なのについてもある程度信用して良いのではないかと思います。一方で、中国製の電子機器とか、美容グッズとか、なんでもかんでも扱っているような業者の場合は割けたほうが無難だと言えそうです。
餅は餅屋ということですね。

並行輸入品という記載について

Amazonにおいて個人輸入などで販売されている商品には『並行輸入品』という文字を付け加えることが義務付けられています。
これは国内の総代理店などが決まっている商品の場合、それらの会社から購入したものについてのみ正規品として扱うことで保証をつけたりしている製品があり、それらのルート外で輸入された製品と区別するためです。

例えば、製品保証や特典などのついている製品のマーケットプレイス欄に個人輸入の保証や特典のない製品がまぎれこんでいたとしたら、購入した消費者は特典がないことについて直接代理店などにクレームをつけてしまう可能性があります。それらを防ぐために輸入品などは並行輸入品と記載することが義務付けられたいるんです。

定価を知っていて、販売価格に納得がいったうえでという前提ではありますが、商品に並行輸入品と記載されている場合も、ある程度、信頼していいのではないかと思います。個人輸入ビジネスを行っていて正規品ではなかったとしても、それを隠している業者よりは信頼できますよね。

ちなみにCarverというサーフスケートブランドは日本正規品にのみ製品番号のついたプレートが取り付けられ、並行輸入品と厳密に区別されます。

◯◯タイプなどの紛らわしい製品名に注意する

これはAmazonだけに限ったことではなく、全てのECサイトであることなのですが、サイト内の商品検索結果に表示されるように悪質な出品者がわざと紛らわしい名前をつけていたり、別のブランドの製品名を入れていたりすることがあります。

こういう製品は問答無用で避けましょう。
キチンとスケボーに乗っている作り手が作ったブランドに◯◯タイプなんて製品名つけるなんてことは絶対にありませんし、スケボーに乗ったことのないような人間が作ってるのだとすれば、乗り心地や安全性にも疑問が湧きます。
ミニクルーザーを始めとしたスケボーは乗り物です。ディスプレイ用でもファッション製品でもありません。

値段だけで決めない

別の記事でも書きましたが、ミニクルーザーやスケボーを値段だけで決めないでください。
もちろんキチンとしてブランドの製品を安く購入できるのであればそれにこしたことはありませんが、値段だけで無名のブランドのものを買うのはお金をドブに捨てているのと変わりありません。

なぜかというと価格の差はウィールやベアリングなど素人目にはわかりにくい部分で確実に差が出ているからです。
車に例えてみると、一見同じように見える2台の車ですが、走ってみると、まともな方は時速150kmまで出せ、半額で買えるのほう車は時速30kmしか出ない。さらに、ハンドルも硬かったりするので、運転も楽しめず、運転が上手くもならない。

これと同じようなことがミニクルーザーでもあります。
見た目は一見同じなんですけどね。
だから安いだけで買った人は続かないか、続けるために結局買い直すことになるんです。
スピードや乗りやすさを例に出しましたが、耐久性や安全性の違いなどもあるので、子供が使うから安いもんでいいと思っている大人の方にも気をつけて貰いたい点です。

何を買えばいいのか

結局何を買えばいいのかわからないという人は当サイトで紹介しているPenny(ペニー)やStereo(ステレオ)、globe(グローブ)のものなんかを買っておけば間違いないでしょう。どれも信頼できるブランドの製品ですし、私も実際に乗った上で自信をもっておすすめすることができます。

-ミニクルーザーの種類と比較