ミニクルーザーのトリック

ミニクルーザーで最初に覚えたい基本動作、プッシュと止まり方

加速して停止するのは基本中の基本

すでにスケボーに乗り慣れている人であれば、ミニクルーザーに慣れてしまえば簡単だと思いますが、ミニクルーザーが初めてのスケボーという方の場合はわからないことも多いのではないでしょうか。

基本スタンス

ミニクルーザーが初めてのスケボーであれば、まずはスタンスを決めなくてはなりません。
スタンスとはスケボーで滑っている時にどちらの足が前になるかということです。
左足が前に出るのをレギュラースタンス、右足が前に出るのをグーフィースタンスといいます。
スタンス

スケボーの場合、通常利き足をテールのキック側にします。
そうはいってもサッカーなどのスポーツをやっていた人以外、利き足がどっちかわからない人も多いのでしょう。そんな時に利き足を簡単に判断する方法としてよく行われるのが、以下の方法です。

  1. リラックスして足を揃え、直立不動になる。
  2. 後ろから押してもらう
  3. 転ばないように足が出る。

前に出た足が利き足です。
右足が前に出ればレギュラー、左足が前に出ればグーフィーです。
あくまで一般的な判別方法なので、乗ってみてシックリこないようであれば逆側でも問題ありません。あくまで自分の乗りやすさを優先して決めてください。

基本の動作のプッシュ

片足をデッキの上に乗せたまま、もう一方の足で加速するために地面を蹴ることをプッシュといいます。
地面を強く蹴って加速するにはデッキの上に乗ったほうの軸足に全ての体重をかけたまま、綺麗に重心を保たなくてはなりません。
重心の位置が後ろにずれてしまうとスケボーが前方に飛んでってしまいかねませんし、重心が前に乗りすぎると今度は後ろにスケボーが飛んでってしまいます。地面をしっかりと蹴るためには体重のかかった軸足の膝を曲げる必要があります。

最初は地面に力を伝えるのが難しいかもしれませんが、軸足さえ安定するようになればあとは慣れによる部分が多いのでとにかくプッシュしましょう。ある程度プッシュできるようになったら地面を蹴るのとどうじに軸足側を踏み込むようにするとより加速できるようになります。
プッシュの仕方

最初は歩くように始め、慣れてきたら両足を乗せ、前足を90度回転させ、体の向きを整えるという動作を繰り返して練習することをお薦めします。

フットブレーキ

ある程度うまくプッシュできるようになってくると止まるためにスピードを落とす必要があります。その時に使うのがフットブレーキです。

フットブレーキとは、両足がデッキの上にある状態から、プッシュしていたときの同じような体勢(前足のつま先は進行方向)に移行し、地面を蹴っていた足をブレーキのように地面に擦り付けて摩擦力で止まる方法です。

コツは足の裏全体を上から垂直に均等な力でレコード盤に針が降りるように、ゆっくりと少しずつ足を落としていくイメージです。
この時あくまで重心は軸足のままです。急激に速度を緩めようとすると衝撃でバランスを崩しますので、最初は距離をかけて少しずつ速度を落としていきましょう。慣れてくればどんどん止まるまでの距離が短くなってくると思います。

注意したい点として、フットブレーキは急に止まることができないのと、摩擦力を利用して止まるため、多用しすぎると片足だけ靴底が減ってしまいます。しかし、基本中の基本なのでしっかりマスターしましょう。

スライド

フットブレーキでは急激に止まれない時にはスライドを利用します。
スライドは難しいので練習が必要です。

クルージングデッキの場合、カービングの性能が高いため、うまく体重を抜いて板を回転させないと止まれずそのまま曲がれてしまいます。コツはカーブの膨らんだところでジャンプするようにして体重を抜くと同時に板を回すことです。

-ミニクルーザーのトリック